---

コロナ禍における障害福祉事業の今後が心配…という経営者の方へ障害福祉M&A支援センターがお悩みを解決いたします!成約実績406件成約最短1ヶ月成約スピード短縮を実現小規模案件にも対応した業界最安水準の手数料

problem障害福祉事業の経営者様よりよく頂くお悩み

売り手(譲渡側)の悩み

  • 利用者が思うように集まらず、赤字経営が続いている。
  • 児童発達支援管理責任者などの離職が多く、採用費用が掛かる。
  • 信頼できる事業譲受先がわからない。
  • 小規模案件だと、M&A専門会社が対応してくれない。
  • 銀行やM&A専門会社は、障害福祉事業の理解度が足りない。

下線

買い手(譲受側)の悩み

  • 既存の障害福祉事業を拡大して、効率的な運営をしたい。
  • 実質的な総量規制のある障害福祉事業の権利を取得したい。
  • 既存の障害福祉事業を多角化したい。
  • 障害福祉事業に新規参入したいが、知識がなく、譲受に不安がある
  • M&A専門会社は、障害福祉の知識がなく、無駄な時間が掛かる。

下線

その悩み障害福祉M&A支援センターが解決致します

秘密厳守

障害福祉事業の売却(譲渡)、買収(譲受)をご検討の方は、
お電話またメールにて、お気軽にご相談下さい。

相談無料訪問無料※着手金無料通話無料月~金9:00~18:000120-836-211

メールでのご相談はこちら

reason障害福祉M&A支援センターが選ばれる4つの理由

1.障害福祉事業に特化、
日本全国対応。

障害福祉事業に特化しており経験・知識が豊富。業界に精通したアドバイザーが成約までフルサポート致します。

ご相談については、全国訪問対応可能。
従業員や周囲の方への秘密についても、事業所ではなく、喫茶店や会議室など、ご希望に応じて臨機応変に対応いたします。

2.東証マザーズ上場で安心

障害福祉M&A支援センターを運営するブティックスは、2018年に東証マザーズへ上場しております。

事業売却についての秘密情報の漏洩や、進め方のご不安について、コンプライアンスをしっかり守っている当社だからこそ、安心して進める事が可能です。

3.独自ネットワークと
成約スピードの短縮

障害福祉事業に特化している当社だからこそ、譲受希望会社も豊富。
2020年12月時点で5213社から譲り受けご希望の登録を頂いています。
そのため、圧倒的な成約スピードの短縮を実現しています。

業界平均では、M&A成約まで10カ月~1年と言われておりますが、
当社は、ご相談頂いてから最短1ヶ月での成約事例がございます。

4.業界最安水準の手数料
さらに完全成功報酬制

M&A成約時に頂戴する当社の成功報酬は、業界最安水準。
障害福祉業界における豊富な人脈と経験を活かした圧倒的なマッチング数で、この手数料水準を実現しております。

さらに、他のM&A仲介会社では、着手金の他、基本合意締結時などの中間金等を支払う事が一般的ですが、当社は完全成功報酬制のため、一切不要です。

料金体系を詳しく見る

成功報酬(売買価格に対して)

成約基本料100万円

取引対価
料率
0円超~2,000万円以下の部分
10%
2,000万円超~4,000万円以下の部分
9%
4,000万円超~6,000万円以下の部分
8%
6,000万円超~8,000万円以下の部分
7%
8,000万円超~1億円以下の部分
6%
1億円超~5億円以下の部分
5%
5億円超~10億円以下の部分
4%
10億円超~50億円以下の部分
3%
50億円超~100億円以下の部分
2%
100億円超
1%

計算例(事業譲渡価額が「5,000万円(税込)」の場合)

①成約基本料
100万円
②2,000万円以下の部分
200万円
③2,000万円~4,000万円の部分
180万円
④4,000万円~5,000万円の部分
80万円
報酬額=①+②+③+④
560万円(税抜)

1. 放課後等デイサービス複数拠点の事業譲渡

  • エリア :関東
  • 売却理由:本業への集中のため
  • 譲受会社:放課後等デイサービス大手企業

アドバイザーよりコメント:
本業は、障害福祉事業とは関連のない売り手様でしたが、事業の選択と集中のため、譲渡をご検討されておりました。
黒字化している拠点もあれば、児発管不在のため、赤字が慢性化している拠点もありましたが、譲受会社の出店エリア強化のため、高額での譲り受けを実現いたしました。
事業譲渡のため、各県にまたがり新規申請が必要でしたが、行政への訪問もフルサポートし、実現に至りました。

吹き出し

2. 放課後等デイサービス3拠点の法人譲渡

  • エリア :関西
  • 売却理由:代表者のリタイアのため
  • 譲受会社:障害福祉事業への進出を決めた介護事業者

アドバイザーよりコメント:
長年のサラリーマン生活を経てから独立開業した売り手様。事業は順調に推移しているものの、後継者不足のお悩みを抱えており譲渡のご相談を頂きました。
高額な譲渡対価を得るというよりは、独自で築き上げた社風を守ってくれる譲受会社を強くご希望されておりました。
当社から譲受候補企業を5社ご紹介。その中で、金額は希望の最低ラインではあったものの、社風をしっかりと引き継いでいくことを約束頂いた介護事業者へ譲渡することを決断されました。
譲受事業者にとっても、障害福祉事業へは新規参入となることから、運営ノウハウを取得することができ、非常にご満足頂くことができました。

吹き出し

3. その他(就労継続支援A型・就労移行支援)

  • エリア :九州
  • 売却理由:本業への集中のため
  • 譲受会社:九州への進出を決めた関東本社の介護・福祉事業者

アドバイザーよりコメント:
不動産事業を本業とする売り手様が、手探りで始められた就労支援事業でしたが、今後の多店舗展開を行わないことを決め、従業員のキャリアパスを深く考えた結果、介護・福祉業界で積極的に多店舗展開を考えている会社に売却する事を決意されました。
関係各所からの評判はとても高く、作業を多数請け負っていた事から、10社以上の譲受候補企業から手が上がりました。
そのような中で売り手様が選ばれたのは、九州進出を検討されている関東本社の会社。
この買い手様は、本事業所を中心に多店舗展開をしていくというビジョンが明確にあり、売り手様からすると、従業員の今後のキャリアパスが描けるという点が魅力的でした。

吹き出し

help私たちがお手伝いいたします障害福祉M&Aアドバイザー(一部)のご紹介

イメージ

速水 健史

ブティックス株式会社 常務取締役

金融業界での経験から、より業界特性に即したM&Aサービスの必要性を痛感し、2015年に介護・福祉業界に特化したM&A仲介サービスを立上げ。介護・福祉業界と金融業界の両方の経験を活かし、激動の時代を迎える福祉業界の成長戦略をサポート。

イメージ

土居 史和

ブティックス株式会社 部長

マネジメント職を経験し、経営者の想い・考え方に触れていく中でM&Aの意義を強く感じ、当社に入社。経営視点からの提案と幅広い人脈で、経営者の「大きな決断」を強力にサポート。

イメージ

太田 丈史

ブティックス株式会社 グループ長

介護・福祉業界のニーズが多く、かつ自身の経験がある事からM&A事業を立ち上げ。介護・福祉業界における広い人脈を背景に3年間で50件の成約を成し遂げる。

contactそれぞれの専用フォームまたはお電話 0120-836-211よりお気軽にお問合せください

resultsメディア掲載実績

メディア一覧

会社概要

社名 ブティックス株式会社 (英文名:Boutiques, Inc.) 
東証マザーズ上場 証券コード:9272
所在地 東京本社:〒108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル11階

大阪事業所:〒503-0012 大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階 1626号室
設立 2006年11月
資本金等 2億6,126万円(2021年9月末日現在)
代表者 代表取締役社長  新村 祐三
取引銀行 三井住友銀行  みずほ銀行   東日本銀行
電話番号 東京本社 :03-6420-3501(M&A部署代表)
大阪事業所:06-7222-3730
事業内容 障害福祉・介護分野に特化した M&A事業、展示会事業、メディア事業

formお問い合わせフォーム

貴社名必須
お名前必須
電話番号必須
(携帯電話)
メールアドレス必須
相談内容必須

障害者表記ポリシー

当センターでは、「障がい者」を「障害者」と表記しております。お使いの音声読み上げソフト等によっては、「障がい者」という表記の場合に「さわりがいしゃ」と読み上げられてしまう場合がございます。 そのため、当センターでは、「障害者」という表記で統一いたします。 差別的な意味で表記しているわけではないことをご理解いただければ幸いです。